結婚相手が言ったのを聞いたことがあるので

結婚相手がオリーブの枝を投げたと考えていました。

女の反応は、間違いなく男にとっての最強のきっかけとなっていますが、2人がレストランに入っているからではない場合、男は直接それを求めている可能性があります。久しぶりに、男はキスを終えた、そしてそのうちの何人かは賞賛を手放すことを試み、女の目を深く精通しているように見た。

「それはちょっとゴブリンです。もしそれが場所でなければ、あなたを惜しむことは不可能です!」

「やあ、どうやって私を責めることができる!それは明らかにあなたです」
。女は男にキスされたばかりだった男陽翔の言葉を聞いた後、彼は直接答えた、そして彼は不注意で彼の唇を膨らませさえした、それは非常に魅力的であるように思われた。男がそのような賞賛を見たとき、彼は明らかに彼の体が少し変わったと感じ、そして彼は鼻を鳴らした。


「私をいじらないでください、さもなければ、私はそれがどこにあるかを気にしません!」
彼女はどうやって彼をからかうことができますか!はっきりしない!どうすれば彼はこれをすることができる!しかし、彼女が心の中でそれについて考えたとしても、女は再びそれを言うことを敢えてしませんでした。男は今彼女の目を見て女を少し恐ろしい気分にさせます。!こんにちは、この人は、ゴキブリの開封後、全員が完全に変わったようです!
ああ、そうだね

アステカ帝国

男は従順な女を見て満足して微笑んだ。そして終わった後、彼は女の唇に行き、女の目を見て彼にキスをした。まるでこれが彼女の従順な感じであるかのように!女は渋々男に盲目的に目を向けました、この人は本当に十分です!女はすでに口をゆるめているので、男は自然に手放すことはできません昼食後、男は結婚相手の陽翔に戻り、すでに賞賛の手配を始めました。午後に朝の広告に戻った後、女はしばらく待っていた会社を見て、少しずつ少し違ったように感じました。私は少し悲しみを感じたようです。
ここでいくつか不満足なことが起こっていますが、彼の記憶にとどまるという女のイニシアチブはいくつかの素晴らしい記憶です!ここで、彼女は良い友達を作り、たくさん学びました!女さんが男を理解しているので、彼が戻ってきても彼は活躍するのではないかと心配している。そして彼女は朝の宣伝時間にとどまることができない。多分、朝のジェネラルマネージャーとして、湊はすぐに男からニュースを受け取るでしょう!



彼の周りの人々は女の表現を見ました

修辞学
「ムーウェイ、あなたは正直に言う、あなたは朝を去ろうとしていますか!」
私は女と男の関係、および女のパフォーマンスを最近知っていたので、この考えは結婚相手の頭の中にあります。長い時間がかかりました。
「どうして突然この質問をするのですか?」
実際、女氏は昨晩男氏から結婚相手のを去る準備を始めることができると言われていたが、彼女はもともと龍之介と話す方法を考えていたが、龍之介氏に直接尋ねることはしなかった。
「それで、私の推測は正しい、正しい!」
龍之介は新しい質問に答えなかったが、代わりに女の答えから彼の質問に対する答えを見つけた。

「すみません、私はあなたに話す方法について考えていませんでした、私はあなたを凝視したくないという意味ではありませんでした!」
女は申し訳ありませんが、李魏を見ていましたが、この少女は朝の広告での時間の最大の恩恵です女にはたくさんの友達がいませんが、すべての友達が大事にしたい友達です。龍之介と過ごした時間は長くはありませんでしたが、女の心はすでに龍之介を彼の親友として見ていました。同じように、龍之介の心の中でも、これはアイデアです、それで彼女が女が去っていることを知っているとき、彼女はとても消極的になるでしょう!

「ああ、実際に、私はこの日について考えてきた、しかし私がしたとしても、私はまだあなたに消極的である!将来、私が仕事に行くとき、だれも私とチャットしない、そして私は毎日そこにいない。仕事に行くとき、仕事に行く人がいるのを見ました。」

結婚相手は男の腕に寄りかかって花嫁と男の憶測を再検討したが

李魏は言った、彼が彼の心の中でもっと悲しく感じたほど、彼の目は少し赤だった。女は龍之介に耳を傾け、彼の目は赤く、そして彼は謝罪で龍之介を見たと言った。
「ああ、私がここにいなくても、私はいつもあなたのことを考えます!さらに、私たちが一カ所で働いていなくても、私たちはまだ友達になれます、あなたは正しいです!」

「ええ、あなたは正しいが、それはあなたが私に思い出させることです、私は前にそのような良い方法を考えていませんでした!」
女は、龍之介の元々の悲しみと悲しみを見たところ、突然、それは顔に平手打ちのように見えたが、突然顔の表情が変化した。
何を言ってるの?
私は李威を戸惑いながら見ましたが、自分の言ったことが理解できなかったとどう思いますか。


「ハハ、実際には、私の意味は非常に単純です。しかし、それは私が自分ではできないかもしれないということです。私はあなたの助けが必要です!あなたは私を助けます!」
李魏は、女の腕を引っ張って揺れていると言ったが、女が彼女を約束しなければ彼女は止まらないようだ。女は龍之介に震えていて、龍之介を無力で見ていると、めまいがし始めました。
「それを振らないで、それを振らないで、あなたがしたいことは何ですか、私にあなたを助けてもらいたいのですが、あなたはそれについて最初に話すべきです!」

「私にとっては非常に難しいのですが、あなたにとっては非常に単純です。あなたは私には耐えられない、私はあなたに耐えることはできません。あなたはユニバースグループに行くので、一緒に連れて行ってください!」


特にそれらに対処するためです!

龍之介がそれを言った後、彼は安堵のため息をついて楽しみにしていました。女は龍之介を一言も見なかったが、彼女はこれを言うとは思わなかった。しかし、すぐに、女は結婚相手の意図を理解し、彼の心に触れました。彼女は男の保護を受けていると言ったが、結局のところ、それをよく知っている人は他にいなかったが、彼女は家族に行きました、しかし龍之介が彼女に同行したならば、彼女は間違いなく幸せです。
実際、この間、女氏は龍之介氏の性格についてもよく理解していましたが、結婚相手の氏の未知の性格により、朝の職場環境は翼グループより明らかに適しているため、女氏の心もまた非常に明確です。そうすることで、もっと彼女のために実際にある!ああ、ありがとう!
「ああ、どうしてありがとう。私はあなたにそれを感謝しなければならない!あなたが翼グループにとってどれほど難しいかわからない!私が本当に翼グループに行くことができるなら、それから私は出かけてもっとするよ顔よ!」

龍之介は女を見ました、そして、彼女がすでに結婚相手の陽翔の従業員であるかのように、彼女の顔は誇りに思っていました!
「ええ、あなたはまだ8人のキャラクターとは何の関係もない、あなたは誇りに思うようになります!」

「それはあなたじゃない!あなたを信じます!」

それは女を信じることはそんなに多くではありません、それはその男を信じることがより良いです!これは女に来ることについてのものです、男はどうしてそれに注意を払うことができないのですか!男の行動はもちろん速い、すぐに湊は彼からの注文を受け、女と龍之介は結婚相手の陽翔に行き、直接仕事を辞めずにそこで仕事に行きました。優秀な従業員の地位は、結婚相手の陽翔に直接移管されました。午前中の彼らの実務経験のために、2人は直接ユニバースグループの市場計画部門に入りました。女は、男が直接女を自分の近くで仕事に行かせるのではないかと心配していました。しかし、今では男がまだ彼女について考えているようです。

結婚していたということです。

さらに重要な点は、今では、大統領府に加えて、ユニバースグループの内部では、他の人々はまだ彼女の身元を知らないはずです。つまり、彼女はまだ安全に働くことができます。

女はこの可能性を考えて、そして楽しく微笑んだ。しかし、ムーの幸福は長続きしません。
「あなたがユニバースグループに到着したことを確認した後でも、女はあなたと男の関係をまだ開示していますか?」
二人は羽生グループの報告に行く前に、李魏は女の恥ずかしさを得た、彼女は女と男の関係を言わないようにしましょう。
「流れに沿って行きましょう、もちろん、最善です、私はまたきれいになることができます、私はそれを助けることができません、そして方法がありません!」

女はまた、結婚相手の陽翔に到着したことを非常によく知っていますし、しゃがみ続けることは不可能ですさらに、結婚相手の陽翔に来るという彼女の約束の当初の意図は、男に近づくことだけです。自然は当然最高です!アイデンティティが発見された場合、彼女はそれを否定しませんが、その前に、彼女は積極的にそれを発表することはありません。
「まあ、とにかく、後で私はあなたについていくつもりです、そして上司は私を隠さなければなりません!」
李は彼に言った、李魏は少し質問しています、そして女が言ったこと、彼女は自然に同じことをするでしょう。
「あなたは女の子です!まあ、正面は宇宙グループです、行こう!」