夫婦ははるかに静かになりました。

この女性は実際には目がないので

私は彼に
「難しいこととはどういう意味ですか?」
と出て欲しいのです。シェンヤンは、話したばかりの男性を見て、副大統領になった後の最初の注文は非常に迅速に実行されるべきだと考え、また彼の前で男に行くことを計画しました!
その結果、彼の下の人々は実際に彼にするのが難しい文を与えました!大翔の心を怒らせないためにはどうすればいいですか。話をしたばかりの人を見ても、その視線は人生の生命を飲み込むのが好きです!プロジェクトの提唱者である拓真は自分の顔を見て自分の大翔を見ていましたが、彼は自分のために叫び始めました。もともとこのプロジェクトはうまく実行されてきましたが、それが続く限り、大きな問題はなく、後で実行されることになります。その結果、私は何が起こっているのかわかりませんでしたが、突然、新しい副社長の大翔にこのプロジェクトを担当させました。重要な時期には、空中部隊はもともと耳を傾けるにはちょっとしたことでした!
しかし、これは重要なことではありませんこの空挺部隊が明確なものである限り、それは必ずしも悪いことではありません。しかし、空中にいる人が合理的な人ではない場合、それは言うのは難しいです!拓真は現在大翔を見ており、この人はおそらく非常に明確ではない種類の理由かもしれないと考えています。もちろん大翔の身元は依然として敏感すぎるので、拓真は突然泣きたいと思っています!家族全体、大翔の敏感なアイデンティティのために、私は片付けた叔母でさえそれを知っていることを恐れています!会長の婚約者の拓真の夫、多分彼は将来的に家族の相続人になるでしょう!
一部の人々は、柔らかい食べ物を食べるために女性に頼る行動を非常に軽蔑していますが、また多くの人々はまた大翔の心の中で憎しみをうらやましい、そしてとてもラッキーになりたいと言う必要があります。、また彼らに来ることができます!結局のところ、人々はすでに頭の上に立っています、そして彼らはまだいつでもどこでも彼らに命令を下すことができます!たとえあなたがあなたの心に苦いのであっても、仕事はされなければなりませんね。

花嫁の最近の生活はおそらく良くない。


「それは、このプロジェクト以前の家族の担当者は私、翼グループの担当者、そしてほぼ同じ立場の担当者でした。今は大翔が常にこのプロジェクトの面倒を見ていますが、翼グループの側です担当者は交代していません。また、協力プロジェクトの仕様では、結婚相手の陽翔の社長がなかなか出てこないでしょう。」
このプロジェクトは家族にとって非常に重要ですが、翼グループにとっては本当に重要ではないようですが、拓真氏は彼の心の中でいくつかの言葉を話しさえしました。陽翔の社長が前に来て、そして大翔は鏡を見なかった!

「あなたはどういう意味ですか、私は、ユニバースグループの会長を率直にさせるほど十分に資格がありません。それが意味することです!」
大翔は拓真の表情を見たところ、だんだんひどくなったように見えました。大翔の中心で、男はすでに彼の最大の目標を見ています。
拓真の言葉は明らかに大翔で聞かれ、男と比較することはできないと感じ、そして自分が担当しているプロジェクトでさえ言及する価値はないと感じました。彼がこのように結婚相手の陽翔の社長を迎え入れる能力を持っているのなら、彼はここで何をしているのでしょうか、どうすれば彼は給料を上げることができるのでしょうか。!しかし、拓真の説明は言えなかったので、彼は大翔によって中断されました。このようなあなたの説明を聞きたくないので、結婚相手の陽翔の結婚相手のに就任できるかどうかを知りたいだけです!


 

花嫁の愛と対話することが最も適切です!

信じられないかもしれませんが、私たち悠真は、そのような能力はなく、ユニバースグループの会長の能力も低下しませんでした。このプロジェクトでは、男が個人的に前進させることはできません。
シェンシェン、でも…
江ホイの心はすでに彼女と結婚し始めており、この空挺部隊は従事するのが難しすぎる!
「それができないと言っているだけなら、他の人にもやらせてください。信じられません。もちろん、できないと言っても、だれにもできません。もしそうであれば、私はこの立場について考えます、そしてあなたはもうそれをすることができません!」

花嫁の最近の生活はおそらく良くない。

悠真グループでは何年もの間シェンヤンは一生懸命働いていましたが、現職に奮闘しましたが、目の前の髪の毛はまだ長くはないので、彼はそれを女性に渡しました。現在の立場にある人は、今でも彼からすべてのものを奪うための文章を望んでいます!他の人々は、大翔と拓真の間の対話を聞きながら、すでに安堵のため息をついて溜まっていました、そして彼らがあまりにも反応し、炎が自分自身で燃えるのを恐れて、雰囲気さえもあえて話しませんでした!
今、大翔の言葉は、彼らにとって非常に魅力的であるように見えますが、江ホイの立場が危険にさらされていても、彼らは必ずしもその席に座ることができません!誰が大翔の要求を難しすぎるように頼んだのか!拓真でもそれができない、彼らはさらに不可能です!
大翔は、言葉を言った後で、それを提起し、拓真の立場を取り替えることを望み、拓真よりも優秀であると約束した多くの人々がいるはずだと思いました。人々は立ち上がって、誰も言うことをあえてしません!現在の会議のためにこれらの人々が会議室を離れることができない場合は、直接退室することを恐れています。人々の反応が大翔の心を怒らせたのですが、グーの地位を揺るがすのは本当に難しいのでしょうか。彼はそれを信じていません!

婚約者の結衣は彼の心の中で女を愛していますが



「私はあなたが何をしても構わない。要するに、私たちの2つのグループ協力プロジェクトのディスカッションテーブルに次回ユニバースグループの会長が登場することを望みます。すぐに解決策を思い付くことができればと思います。今日の会議はもちろんここにあります、他の人々が自分たちでできると思っているなら歓迎します。」
シェンヤンが話し終えた後、彼は直接会議室を出て、会議室にいる人々を太陽の後ろと大きな目を見るために残しました!
「電話してください、これはあまりにも誇張されました!新しい役人は3つの火事と同じではありません!」

大翔が去るのを待った後、会議室は次第に開き始めました。

結婚式の最後の時にやってきて助っ人を連れてきました!

「ええ、彼は彼の身分、夏グループと結婚相手の友グループの間のギャップ、彼とグーシャオの間のギャップを見ていません、なぜ彼はグーシャオに同じように見えるように頼むべきですか?置きなさい!」

「拓真、今は物事が似ている、あなたは何をするつもりですか?」


彼は何をするつもりですか?
「拓真、今は物事が似ている、あなたは何をするつもりですか?」

この文章を聞いた後、会議室の人々は全員江フイを見ていましたが、元々のプロジェクトは江フイが担当していたので、会議室全体の人々は残された熱意に加えて、残りの人々はすでによく知られています江フイにとって、誰もが特に確信しているわけではありませんが、前の大翔と比べると、江フイは単に多すぎます。ああ!
何ができる、冷たいサラダ!
拓真が話し終わった後、彼も起床して会議室を出ました。他の人々はお互いに向き合っています、どうやら何人かは拓真がそのような反応であることを期待していませんでした、しかしこのために、彼らはしばらくしてから、彼らは会議室を去りました。