彼はもはや落ち着くことができません。

大翔の若い男性の能力と野心が彼に気分を良くさせたためであり

とにかく、拓真に大翔の命令が出されたとしても、拓真がそれを実行できなかったとしても、彼は彼らのせいにすることはしませんでした。シェンヤンのそのような不当な要求に直面して、江ホイは本当に子供を迎えに来て、それをすることを拒絶したいと思っています。しかし、拓真は悠真で長い間働いてきた若い男でもあり、彼が物事をやり始めると、理性は常に理性を勝ち取るようになります。それを考えた後、拓真はようやく出来事が何であれ、少なくともそれも試すべきであると最終的に決めました。ああ!しかし、ちょっと、そのような要求のために、拓真は本当に不確実です、翼グループがそれを受け取るならば、それは怒っていて怒っているでしょう!
結婚相手は大翔の身元を知っているので、男について考えることはおそらくいくらか注意を払うことになるので、このニュースを受け取った後、彼は男に直接報告したいと思います。男は、大翔が長い間勤務していなかったことを彼が知っていたことを期待していませんでした、そしてこの人は実際にドアを見つけるために率先しました!相手はとても傲慢だった、どうして彼はそれを全然取れないのか!大翔は虐待を見つけるために主導権を握ったので、彼は反対側を虐待することを気にしませんでしたが、また女のために!あなた、あなた、あなたはそれを認める、実際には、あなたは女と大翔が長い間一緒にいたからです、私の心は深い当惑を持っています!女が彼だけに完全に属していた今でも、まだそこにいる大翔は常にそこにいます!

夫婦の社長室を運営するのは少し難しいと思います。

大翔が逃げて、男の前に表示されない場合は、彼はそのようには思わないかもしれませんが、この人はそれほど無知ではない、彼は彼の前で彼をヒットする必要があります、彼は自然に自分で落胆
「この場合、見に行ってもいいでしょう。彼が本当にやりたいことを知りたいのです!」
彼がまだ女に不利な何かをしようとしているならば、婚約者の陽翔は大翔を最後まで直接抑圧しても構いません!悠真が大翔のツールになりたいと思っているなら、男は直接このツールを台無しにする気にしないでください!彼を脅かしたい家族は、この資格からは程遠い!
「沙少、そう、顔をあきらめるには多すぎるのではないですか?」

結愛はすでに男の約束の可能性を考えていますが、それは大翔の無力さですので、男は完全に彼を無視することができます!今は考えられないことですが、結婚相手の陽翔の社外で、男の名前で何かをしているときでさえ、時間が非常に短いのであれば、それは彼にチャンスを与えないでしょう!
「心配しないで、彼はそのような機会がないでしょう!」
たとえあったとしても、彼はそのようなことが起こる前に直接それを殺します!男がこれを言ったので、結愛は何か心配する必要があります!それは男です、問題は何ですか、それは不確実性の問題です!
江惠がハオユグループからの知らせを受けたとき、その人全員は少しショックを受け、ハユユグループが戻ってきたのは間違いなく異論であり、長期にわたる闘争でさえあると彼は考えました。準備は整いました、そして、翼グループがそれほど大きな驚きを送ったことを私は予想しませんでした!拓真にとっての驚きは、それが恐怖のようだとさえ感じました!しかし、何に関係なく、このタスクは、彼はまた時間が、大翔も彼を見つけたいときに、完全な完成です、そのような機会はありません!


 

男は毎日個人的な仕事をしました。

あなたは、男が直接同意したことを意味する?会議室でゆっくり話していたが、彼は拓真の報告を聞いて非常に驚いたし、男が彼を拒否するあらゆる理由があることも知っていたし、彼は死んだと言うことさえできた。彼は、物事がそれほどスムーズに進むとは思っていませんでした、男はそれにとても簡単に同意したでしょう!しかし、これはまた良いです、彼は自分の目で、自分の速度で男を見てもらうことであり、そしてすぐに男に追いつくことができるようになるでしょう!
はい、シェン副社長

拓真は、大翔によって直接呼ばれている男の名前に非常に戸惑い、男の前にある悠真結愛でさえ、他の男結婚相手のを丁寧に呼び出す必要がありますが、彼は悠真結愛の義理の息子に過ぎません。悠真結愛よりもさらに悪いです。本当に自立していません!しかし、この場合、江ホイは当然大翔に直面して発言しません!とにかく、たとえあなたが死にかけているとしても、その人は大翔でもあり、彼とは何の関係もありません!
「女、私はパントリーに入ったばかりです。私たちのグループと家族の間に協力プロジェクトがあると聞きました。家族のプロジェクトリーダーは飛んでいるもののようです!そして、私はまだ男と聞いた私は相手方がインタビューするための条件を約束しました、そして、あなたは言った、男はそれについて考えています、彼はどのように彼は大翔のような人々に会うと約束できます!」


夫婦ははるかに静かになりました。

李魏が茶室に行った後も、水が落ちなかった、彼は急いで席に戻って、そして女に直接走った。私がパントリーに入る前に、誰かが会社について話しているのを聞きました李魏はゴシップが分かち合わなければならないという精神に取りつかれていたので、彼は注意深く聞いていました。シェンヤンの名前のために、李魏は当然他人ではありません!龍之介が会社でトラブルを起こす前は、龍之介の女と大翔の間の段落は非常に明確でしたが、大翔のスカムについては、龍之介もE!を嫌っていました。
スラグマンが女性との関係を通して会社の高い地位を取ったと聞いたばかりではないと思ったのですが、今度は彼の手は翼グループに届かなければなりません。このスカムマンはまさに彼がやろうとしていることです!女が龍之介の言葉を聞いたとき、彼女は驚いた彼女が気づいたのは大翔がしたことではなかったが、龍之介は男が大翔の要求を約束したと言ったのを聞いた!

370が辞職しましたか?女が龍之介の言葉を聞いたとき、彼女は驚いた彼女が気づいたのは大翔がしたことではなかったが、龍之介は男が大翔の要求を約束したと言ったのを聞いた!

結婚することを本当に望んでいるのは難しいですね!


男は大翔の要求にどのように同意することができますか?いいえ、彼女は男にはっきりと聞いてもらうつもりです!それで、私が女について考えるとき、私は起きて男を見つけることになるでしょう。
「やあ、ムー、どうしてあなたは行きますか?」
女が興奮した女を迎えに行くために急いで行くことを龍之介が見た。女が実際に大統領のオフィスに直接行った場合、それは本当に楽しいだろう!李魏に引っ張られて、彼女が本当にこのように上がったのであれば、女もやや目を覚ましています、そして彼女の以前の努力の努力は無駄ではありません!
いいえ、最初に電話しましょう。
電話をかけます
その後、女は電話を机の上でつかみ、静かな場所を見つける準備ができました。しかし、女は去るところで、婚約者の結婚相手の事務所は内側から開かれ、その後女は婚約者の結婚相手の声を聞いた。
「女、この文書、あなたは行ってそれを送ります!」
女は突然やめました、これはあまりにも賢いです!彼女はただ上がるための言い訳がありませんでした、そして、婚約者の結婚相手はすぐに彼女に言い訳を送りました!李魏は、シーンの側に目をそらしていたので、良い機会、それを把握していないことは残念です!
「ええと、監督、私はすぐに行きます!」
女が言ったとき、彼は婚約者の結婚相手の手から文書を取り出して、そしてエレベーターの方向に向きを変えて歩いた。

結婚式を楽しみにしてあなたは後悔するべきではありません!

周囲の人々は女と龍之介の間の会話を聞きませんでした、しかし彼らは女が最初に電話をかけることを計画していたと聞いて、そして彼女が電話しようとしている電話を下ろさせた。それでも、送信するためにファイルに行くのを嫌がる顔、この少女、本当に哀れです!将来的には彼らにとって彼女にとってより良いものになるでしょう。そうでなければ、感謝していない仕事の世話をすることはどうして彼女にふさわしいでしょう!女氏には、再びトップレベルの社長室に行くのが良い方法ですが、エレベーターを降りた後、女氏は3人しか会いませんでした。そして今度は、この3人の態度が明らかに変わりました。
「女さん、男を探していますか、それとも直進してください!」

今回は、女の前にいる何人かの人々が彼女に何をしているのか尋ねずに、女を男のオフィスの前に直接案内しました。女はもともと彼らにそれを説明することを計画しました、しかしこのように、彼女の説明はもう役に立たないようです!
「それ、ありがとう。おお、私はあなたが4人のように思われることを覚えている。どうすればそこにいられないのでしょうか?」
駿は女の外観を見ましたが、意図的にふりをするのは好きではありません、良い人になるのは難しいことです拓真が結愛によって会社から追い出されたことを本当に知っていますか?
このように、駿の女に対するアイデンティティはさらに禁物であり、私は女性のために何かをすることは何もしないことに注意しなければなりませんが、舞台裏で静かにしていることは相手には全く知られていません。ああ!女と呼ばれるこの女性は確かに神聖であり、そして彼女は男をとても固くすることができます!拓真の経験は本当に話すことができないようです!彼女はただ彼女を取り除くために、彼女の頂点の先端に男を置くことを敢えてしました、それはすでに非常に好まれています!