結婚相手が遅れていることを知っていれば

花嫁のを見ました

しかし、女は一種の交渉であり、拓真のサウンドでは、女が彼女にデモンストレーションしているようで、彼のムードはあまり良くありません!そのうちの4人は男の個人アシスタントではありませんが、実際には結婚相手の陽翔全体の男に最も近い女性です。彼らを怒らせる恐れがあるので、通常、彼らを見ている人はお世辞ではありませんが、今、女は彼女にとって実に傲慢です。女が拓真の声でこのような質問をしていることを知っているならば、それは実際には元気のあるものですが、私の心は非常に間違っていると推定されます!彼女がとても傲慢であるならば、それから彼女が前に会った大和、いくら!

「なるほど、グオ・シャオとはちょっとした関係があるとは思わないで、ハオユ・グループでそれを実現することはできます。グ・シャオはあなたをこのようにすることを許しません!」
。。
「女は拓真を黙って見た。彼女はちょうど言葉を言った、なぜ彼女はここでばかになったのですか?そして、彼女は話すのは非常に礼儀正しいです!」

女がエレベーターから降りた後、彼はもう一度それを見た結愛の4人のアシスタントをもう一度見ました、もちろん、彼らが女がエレベーターから出てくるのを見たとき、4人は驚きました。地面は直接立ち上がった。その中で、前回女と話をした婚約者の結婚相手のも口を開けた。

ミューさん、お元気ですか?


あなたは男に会いたいと言った。
ミューさん、お元気ですか?
他の人々が来ているのなら、おそらく彼らのうちの4人が直接人々を駆り立てるでしょうが、その理由は賞賛です!最後の経験をした後、彼らに百の勇気を与えて、賞賛を追い出すことを敢えてしないでください!男からの通知がなくても、女性はやって来るでしょう、そして、彼らはこれをすることをあえてしません!女は彼の前での4人の突然の動きにショックを受けましたが、彼はすぐに落ち着いて冒頭の質問の優しい笑顔を見ました。
「それで、私は男に文書を送るためにここにいます!」

会社の人々は男と呼ばれているようです、そして女はそれを単に他の人と混同しないように呼ぶでしょう。婚約者の結婚相手はもともと女が男を特に探していると考えていましたが、女がそれが文書であると言うことを期待していませんでした。彼らは提督の入社初日にそれを知っていましたが、食堂での嵐について聞いたことがありましたが、他の従業員と違って、女は真実で男はそうです。普通じゃない!そして、男の他の従業員は何も見ることができず、その中の何人かは男の仕事は間違いなく女に関連していると推測できるように思われるかもしれません。

婚約者の新郎を見ましたがなぜ彼女はこの質問をしましたか?

男には規則があり、結愛に加えて、男を見つけたい人は事前に予約をしておく必要があります。しかし、今問題は来ている、女は約束をしてはいけない、それでは、彼らは女に入って男を探して欲しいですか?
「それ、ミス、ミュー、あるいはあなたは私たちに文書を渡して、私たちはそれをグーシャオに渡します!」
それが文書を提出することであるので、それから彼らはそれらを転送するのに問題がないはずです。
「文書をあなたに引き渡しても大丈夫ですが、私は物事の面倒を見なければなりません、さもなければ、私は入るでしょう!」
女は親しみのある笑顔を作り、そして男の事務所に行きました。
「おお、待って、あなたは入ることができない!」

結婚相手が新郎の後継者である新郎と一緒になりましたが


今回は、女に話して、それは温結婚相手のではありませんが、拓真、拓真は賞賛を停止するだけでなく、女への道をブロックして、また女の正面に行きました。女の足跡は一時停止し、拓真が突然彼女の前に走ったため、ほとんど倒れませんでした拓真の目を見上げて、彼女はいくつかの不満を持っていました。
どうして?


「男には規制があり、会社の誰かが彼に会うために約束をしなければならない。あなたには約束がないので、あなたは入ることができない!」
拓真はまた、女を止めた場合、男に叱られるのではないかと心配していたが、女の正面を前にして女の道路を塞いだ後、拓真はかなり落ち着いた。それで、それは何の問題もありませんね。
このように!
女は目の前にいる拓真を見て、何も悪いことはないと言ったが、彼女が立ち上がるのは難しいことでしたが、男の人々がまっすぐ進むのを見ませんでしたか。これは残念なようです!
「それなら、頼むか、グー・シャオに会いたいですか、私に会いたいですか?」
実際、これは女が突然妥協を考えた方法でもありますが、この場合、彼女は規制違反ではありません。

婚約者の新郎を見ましたがなぜ彼女はこの質問をしましたか?

しかし、女は一種の交渉であり、拓真のサウンドでは、女が彼女にデモンストレーションしているようで、彼のムードはあまり良くありません!そのうちの4人は男の個人アシスタントではありませんが、実際には結婚相手の陽翔全体の男に最も近い女性です。彼らを怒らせる恐れがあるので、通常、彼らを見ている人はお世辞ではありませんが、今、女は彼女にとって実に傲慢です。女が拓真の声でこのような質問をしていることを知っているならば、それは実際には元気のあるものですが、私の心は非常に間違っていると推定されます!彼女がとても傲慢であるならば、それから彼女が前に会った大和、いくら!

「なるほど、グオ・シャオとはちょっとした関係があるとは思わないで、ハオユ・グループでそれを実現することはできます。グ・シャオはあなたをこのようにすることを許しません!」
。。
「女は拓真を黙って見た。彼女はちょうど言葉を言った、なぜ彼女はここでばかになったのですか?そして、彼女は話すのは非常に礼儀正しいです!」

結婚を始めるとは思わなかった!

婚約者の結婚相手の、私は女がそれが理にかなっていると言ったと思いますか、そうでなければ男に会いに行きましょうか?婚約者の結婚相手のに会いたい場合は、婚約者の結婚相手のに会いたいですか?駿と婚約者の結婚相手がお互いを見た後、彼らは女を見ました、そして彼らは前進して拓真を説得しました。結局、最後に男が女を評価したとき、彼ら全員が彼らを見ていましたが、女を怒らせたくはありませんでした。とにかく、ミュー嬢はそれを言わなかった、彼らがそれを報告するためにグー結婚相手のに行くのを待つことができる!とにかく、あなたがそれを報告すれば、それは多くの努力を要することはありません!

「これはどういう意味ですか。落ち着かなくてもいいルールになるのは難しいことです。もうそれを感じてはいけません。些細なことで私たちのグループはいつルールを取り除きましたか。」
拓真はますます確信を持って賞賛を叫んでいます、そしてさらに何人かは結愛が彼らに語った最後の時を忘れて、そしてまた女に対する男の強調を見忘れていました!
どうしたの?これだ!
もともと結愛は男の事務所で男に報告し、突然外部からの騒音を聞きましたが、この層には、他の人はいないので、他の人はいないので、外部から聞きました。音の後、チューユエはそれが彼のアシスタントのアシスタントであるべきであることを知っていた、それで彼は男に挨拶してこんにちは言った。

花嫁のファミリー全体で明らかであり

しかし、チュー・ユーチェンの事務所を出たとき、彼はただ言葉を言っただけで、アシスタントに対する賞賛を見てショックを受けたとは期待していませんでした。彼の目の前で、彼はそれに連絡したときにまだ男と女の中心で話をしました!どうやって来たんだ、私はそれがここにあるのを見た!あなたが知っていれば、それは非常に幸せでなければなりません!しかし、この前の姿勢はやや間違っているようです!
女の顔の見た目はやや見苦しいようですが、彼のアシスタントの見た目はそれほど美しくないようです。チューユエの声を聞いた後、アシスタントだけでなく、チューユエを見になった。
「結婚相手のさん、男さんに会いたいと言っていましたが、明らかに予約をしていませんでした。規則に違反していることを申し上げました。」
結愛がやってきたのを見て、拓真はすぐに結婚相手のところへ行き、歩き回った後、歩いて言って言った。彼は頭を向け、挑発的な表情で彼を見た。平日には、結愛が彼女にとって最高であり、また仕事の能力も信じています。女を見た後、結愛の条件付き反射は女に行くことになっていました、そして、彼は彼自身に来た拓真に注意を払いませんでした。
結婚相手の


彼女でしょうか。
女を見た後、結愛の条件付き反射は女に行くことになっていました、そして、彼は彼自身に来た拓真に注意を払いませんでした。チュー・ユエのヘリンボーンはまだ輸出されておらず、彼女は足を踏み出していないので、女の目が彼に身振りで示すのを見たので、彼は口の半分を言うとすぐに止まり、足の下の動きは止まった。。ミュシャを見て、そして彼自身のアシスタントを見た後に、チュー結婚相手は女に彼の目を向け、そして話し始めました。
「ミュー嬢は、グー・シャオというものを見に来なければならない。私はすでに知っている。そして、グー・シャオを見るために私と一緒に行くように私はすでにグー・シャオム嬢に言った」
結愛が話し終えた後、彼は女を見て、女が彼にうなずくまで待って、それから男のオフィスに向かって歩きました。