結婚相手は男の腕に寄りかかって花嫁と男の憶測を再検討したが

和解していない場合でも

「ああ、私はそれについて考えました、文書を送ることを除いて、あなたはまだそれを送ることができます。」
男は、トーンは少し休止していると言って女を見ましたが、女が彼に尋ねるのを待っているようでした。
他に何を送ることができますか?
男の視線に魅了されて、女は男が聞きたかった文を直接話しました。男は微笑み、女の協力に非常に満足しているようで、婚約者の結婚相手の髪を愛撫しようと努力した後、ゆっくりと口を開け続けた。
「文書を送ることに加えて、あなたはあなたを送るようになることができます!」


先天性欠乏症、明後日に練習する男は微笑み、女の協力に非常に満足しているようで、婚約者の結婚相手の髪を愛撫しようと努力した後、ゆっくりと口を開け続けた。

「文書を送ることに加えて、あなたはあなたを送るようになることができます!」
これは何ですか、ファイルを送信するために呼ばれるものだけでなく、彼女を送るために、彼女は何かではありません!
「あなたはどういう意味ですか、私はアイテムではありません、それは私を送るためのものです!」

「しかし、あなたは私の妻です、あなたは私の妻を送っているだけですか!」
男は女を見て微笑んで波打つように見えたが、彼はまだ女の手を握っていた、死と死の様子を見せていた。それが始まったとき、男は無関心男、無知男であると言って、人々が赤面するのを簡単にすると言いたいと思います。

とにかく、彼女は今結愛を提案しています、そして私は結愛が彼女が意味することを理解することができなければならないと信じています、そしてそれを叱ることは大丈夫でしょう!
「さあ、それとも女性は直接それに入るの?」

それが他の人々に変えられるならば、チュウエはグーチェンのオフィスに直接他のパーティーをさせません、しかし来ている人は女です!それは彼の家族の男の妻です!たぶん、女をまっすぐにさせて、そして男にいくつかの驚きを与えなさい!
いいよ
女には異論はありませんが、ここでは多くの遅延が発生したようですが、遅延させた場合、いくつかの単語を言うことはできません。その後、女が進み、男の事務所のドアをノックし、男の内部を聞いた。
入ってくる

花嫁のような人が彼女を笑っているように

音の後、女は彼の前のドアをそっと押して中を歩いた。一見したところ、机の前に座って書類を見下ろしていた男は、ドアの開口部の音を聞いただけで、入ってきたのは結愛だと思っただけで、頭も持っていませんでした。リフト、チューユエが彼に報告するのを待ちます。女はゆっくりと前進し、彼の目はいつも男を見ています、人々は深刻な男性が最も魅力的であると言い、そして今彼女の見解では男を真剣に取り組んで、それは本当に素晴らしいです!
さらに、現時点で、女は突然、男が実際に過去を見ていることに気づきました。その角度は非常に見栄えがよく、これはおそらく行き止まりのないいわゆる360度です。男は長い間待っていたが、結愛の声は聞こえなかった。
何が悪いの?
男は口を開けて頭を上げ、彼が自分の前に立っているのを見たとき、それは結愛ではありませんでしたが、感心しているとき男結婚相手の顔は完全に壊されました。手の中のペンは、女の顔に向かいました。

おお、どうやって来ますか
男が自分自身を見ているのを見た後、すぐに彼の顔に驚き、男の心の不平が消えたように見えた!ゆっくりとした幸せな、残りは甘いです。
さて、私は書類を送ろう!

彼は受付に行きました。


女は男を見て、彼の手で文書を微笑んで上げて、それを男に渡しました。男は女の手の中で文書を見ましたが、実際に必要なものは結愛だと思いましたが、結局、他の部署は文書を送信し、それらは結愛のアシスタントにしか送信できませんでした。そして彼に送られることができるのは結愛だけです!彼は女の部長が女に仕事を引き渡すことを期待していなかった、そして女は彼のオフィスに直接文書を送った!彼にとっては、これは本当に驚きです。将来的には、このような驚き、もう少し作成することをお勧めします。男は文書を自分の手で投げて直接机の上に投げます今ここに女がありますが、もちろん文書を処理するときではありません。
「この文書に加えて、私は他に何を私に送ればいいですか?」

「男、私はあなたの従業員です。文書を送信する以外に、他に何を送信できますか?」

女は男を見て自分の熱い目を見たところ、彼女の顔は少し暑くなり始めましたが、同時に、女の心は突然不満を思いついたのです。彼女は何を最初に恥ずかしがり屋です!どうして彼女は何かを言うことができず、そして男を恥ずかしがり屋にさせよう!しかし、女は忘れてしまった、裁判所を恥ずかしがらないようにすることができる、どんな種類のことができることができる!
「ああ、あなたは正しい、それについて考えさせてください、あなたは文書を送ることに加えてそれをすることができます!」

男が終わった後、彼は本当に瞑想の一見をするふりをしました、しかし、男の言葉の後、女の耳を聞いた後、それは何かが悪化しているようです!ファイルを送信するために何と呼ばれますか、何ができますか?このように見えます、彼女はファイルを送ること以外に何もすることができません!

哼、女の心が突然納得し始めた、この男、どうすれば私は彼女をこんな風に言うことができる!しかし、あなたが納得できないのであれば、まだ何も言っていないので、男は突然何かについて考えているようで、彼はまた話しました。

男の女への憧れはたぶん新鮮さの瞬間に過ぎません!

「ああ、私はそれについて考えました、文書を送ることを除いて、あなたはまだそれを送ることができます。」
男は、トーンは少し休止していると言って女を見ましたが、女が彼に尋ねるのを待っているようでした。
他に何を送ることができますか?
男の視線に魅了されて、女は男が聞きたかった文を直接話しました。男は微笑み、女の協力に非常に満足しているようで、婚約者の結婚相手の髪を愛撫しようと努力した後、ゆっくりと口を開け続けた。
「文書を送ることに加えて、あなたはあなたを送るようになることができます!」


先天性欠乏症、明後日に練習する男は微笑み、女の協力に非常に満足しているようで、婚約者の結婚相手の髪を愛撫しようと努力した後、ゆっくりと口を開け続けた。

「文書を送ることに加えて、あなたはあなたを送るようになることができます!」
これは何ですか、ファイルを送信するために呼ばれるものだけでなく、彼女を送るために、彼女は何かではありません!
「あなたはどういう意味ですか、私はアイテムではありません、それは私を送るためのものです!」

「しかし、あなたは私の妻です、あなたは私の妻を送っているだけですか!」
男は女を見て微笑んで波打つように見えたが、彼はまだ女の手を握っていた、死と死の様子を見せていた。それが始まったとき、男は無関心男、無知男であると言って、人々が赤面するのを簡単にすると言いたいと思います。

婚約者の大翔の男このような人々にノックアウトされたとき!

今、彼女の目の前に立って、それは明らかに愛の一口、滑らかな口を持つ人、彼女の目の前に男です。
妻よ、寂しいです
男が言った間に、彼は女を彼の腕の中に持っていって、そして彼の腕の中にしっかりと持っていった。女は男にとても優しく受け入れられ、すぐに男の心に優しさを感じたようです。

「朝には見えなかった、どれぐらい前からか」

「私は知っていますが、明らかにあなたは今私の近くにいますが、いつでもどこでもあなたに会えることはできません。ただ考えてみてください、私はあなたのようになるでしょう。」

しないでください!
男が言った言葉を聞いた後、女はすぐに立ち止まって冗談を言いました前回の食堂での事件の後、それはすでにそのような大きな動きを引き起こしていました。どんな動きが戻ってくるのか想像できません!

花嫁の氏を嫉妬しても構わないと思っていますか。

彼女は望んでいません、彼女は翼グループで何もしていません、それは公の敵になりました!特に翼グループ全体のすべての女性従業員の公の敵!

哎、あなたは私に公の敵に尋ねます、すべての女性従業員の公の敵の違いは何ですか?もちろん、この分野での女性の戦闘力は素晴らしいことを知っておく必要があります。
彼女は会社のいたるところで束縛されたくないのです!
「ねえ、あなたは私に会いたくない!」
男は、女を見て、不満の顔を見せて、女を見ている。かわいい表現ではありません、本当にいいですね。男:もちろん、私はとてもかわいいです、私の妻だけが一人でそれを見ることができます!)
「私はこれを意味しません。あなたのグループであなたの致死率がどれほど大きいのかわかりません。ああ、私がこれを言うとき、私はほとんどあなたを言うのを忘れていました!それが起こった、私はそれを聞いた!」

そのようなこと、それが一度起こるならば、女は彼が速いをスキップすることを心配していて、それを買う余裕がない!
「ねえ、あなたは私にあなたに会いたくないので、私に会うようにあなたを変えるのが良いです!」